竹田恒和(JOC会長)の経歴や学歴について迫る!家族も調査!

こんにちは~「まにゃまにゃ」です(^^)/~~~

今回は竹田恒和(JOC会長)について調べていきたいと思います♪

ズームイン☝

プロフィール

名前:竹田 恆和(タケダ ツネカズ)

生年月日:1947年11月1日

出身地:東京都

出典:Wikipedia

旧皇族竹田宮恒徳王の三男として生誕。

現在日本オリンピック委員会会長、

2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会副会長。

国際馬術連盟名誉副会長(終身)、

日本馬術連盟副会長。

1972年ミュンヘンオリンピック

1976年モントリオールオリンピック馬術の日本代表として活躍。

旅行会社「エルティーケーライゼビューロージャパン株式会社」代表取締役社長。

 

経歴は??

1972年のミュンヘンオリンピックでは馬術の障害飛越競技に日本代表として出場。

成績は、個人42位、団体16位。

 

1976年にモントリオールオリンピックに出場し、個人39位、団体13位。

 

ロサンゼルスオリンピック日本選手団コーチ

バルセロナオリンピック日本選手団監督

シドニーオリンピック日本選手団本部役員

ソウルオリンピック日本選手団コーチとして活躍。

 

2001年に日本オリンピック委員会会長に就任。

 

その後は、東京招致委員会院長として活動したり、

 

2022年冬季オリンピックの立候補都市を調査する評価委員会のメンバーに選ばれたりし、活躍の場を増やしているようです(゜o゜)

経歴がすごい(笑)

 

学歴について!

 

慶応義塾幼稚舎からエスカレーター式で慶応義塾で、

 

慶應義塾大学法学部政治学科卒業。

 

学歴もさすが・・素晴らしいですね、、

 

家族構成は??

家族構成については、

奥様と子供2人いるようです。

奥様に関しては、

元々前妻がいるようで、離婚理由については愛人がいたようです。

そして現在は後妻がいるとのことです。

子供に関しては、

竹田 恒泰さんとのこと。

ここで竹田 恒泰さんについてのプロフィールをご紹介!

名前:竹田 恒泰(タケダ ツネヤス)

生年月日:1975年

出身地:東京都

出身校:慶應義塾大学法学部法律学科

出典:Wikipedia

2006年には著書「語られなかった皇族たちの真実」で山本七平賞を受賞。

2007年から2014年まで慶應義塾大学大学院で非常勤講師として勤務される。

2008年にアパグループが主宰する第2回「真の近現代史観」懸賞論文で「天皇は本当に主権者から象徴に転落したのか?」が最優秀藤誠志賞を受賞。

プライベートでは、2015年4月19日に

一般女性とご結婚されているようです♪

 

Youtuberとしても活躍されていましたが、アカウントが停止され閉鎖されているとのこと。

多岐に渡り、ご活躍されておりますね!!

父親もすごくご活躍されておりますが、

負けず劣らず息子さんも活躍されており、

やはりすごい家系ですね(*^^)v

 

ご覧いただき、ありがとうございました(^^)/~~~

 

スポンサードリンク
スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です