加藤庸子(脳神経外科)の学歴やクリッピング術について調査!

こんにちは~「まにゃまにゃ」です(^^)/~~~

今回は、2019年1月20日23時20分から始まる

「情熱大陸」に出演される

加藤庸子さんについて調べていきたいと思います(*^^)v

ズームイン☝

プロフィール

名前:加藤 庸子(かとう ようこ)

生年月日:1952年

出身地:愛知県

出典:https://www.mbs.jp/jounetsu/2019/01_20.shtml

開業医の父親と、大学教師の母親から生まれ育ったようなので、

父親の背中を見て育ってきたために、ご自身も医学の道に進んだのでしょう。

ご自身でもこのように仰っております。

「父は外科の開業医でした。星状神経節のブロック手術で知られており、

北海道から沖縄まで、全国から患者さんがいらしてました。心臓外科の救急患者さんも受け入れていたので、消防車や救急車がひっきりなしにやってくる。だから子供の頃は、父が布団で寝ているのを見たことがありません。いつもリクライニングソファで仮眠している。だけどびっくりするほど健康で、私が丈夫なのも、外科医になったのも、父譲りかもしれませんね」

引用:https://www.joystyle.net/articles/513

 

現在は92歳の母親と二人暮らしで、愛犬レディーとの散歩が日課のようです(*^^)v

うちにも愛犬がいるので親近感が湧きます(笑)

 

学歴や職歴は??

1978年 愛知医科大学医学部卒業

1980年 名古屋保健衛生大学脳神経外科教室研修医

1981年 中華人民共和国蘇州医学院付属第一病院脳神経外科留学

1982年 トヨタ病院脳神経外科局長

1984年 藤田学園保健衛生大学脳神経外科研究助手

1985年 脳神経外科認定医取得

1986年 オーストリア、グラーツ大学留学

1991年 藤田学園保健衛生大学医学部 脳神経外科学講座講師

2000年 藤田保健衛生大学医学部 脳神経外科学講座助教授

2006年 藤田保健衛生大学医学部 脳神経外科学講座教授

今までの主な社会活動

世界脳神経外科連盟 書記官補

1990年 日本脳神経外科女医会創立

1996年 アジア脳神経外科女医会創立

2000年 第3回アジア脳神経外科学会 会長

2000年 第4回アジア脳神経外科女医会 会長

Mainz大学客員教授(ドイツ)

George Washington大学客員教授(アメリカ)

Sri Ramachandra Medical College&reserch Institute大学客員教授(インド)

さすがゴッドマザーと呼ばれる方ですよ・・

今までの学歴も職歴も素晴らしいですし、社会活動も熱心にされているようですね(゜o゜)

行動力のある強い女性です!!とても逞しい!!

クリッピング術とは??

こちらのクリッピング術とは、

検査で見つかった脳動脈瘤が破裂する前に開頭し、

血管と瘤の間を金属のクリップで止血する方法のようです!!

加藤先生は、これまでに1900例以上の脳動脈瘤の治療をしてきたようで、

その技量は世界でも認められ、

日本の脳神経外科では初めての女性教授になり、日本脳神経外科学会でも

初めての女性理事に選ばれたそうです!!

腕は確かですよね。

現在でも週3回以上は、手術をされているようなので、

現役で治療をされているようです!!!

最後までご覧頂き、ありがとうございました(^^)/~~~

スポンサードリンク
スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です